2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

外出

3日ぶりの外出をしたといっても、近くのドラッグストアまで往復1500歩

にもならない。お腹こわしで連日、お粥と豆腐ぐらいで体重も2キロ減った。

それでもなんとか歩けたのは日頃貯めた脂肪のお陰か。ドラッグストアは便利で

本来の業務のほか百均や肉、野菜類まで扱っている。ババのアパートから一番近い

のがうれしい。でも、その店の道路のはす向かいに近日、スーパーが開店する。売り物

の種類も増えるし良いことだ。ただ、交通量の覆い道路に信号が付くかどうかが問題。

レオン

ひさしぶりに「レオン」を観た。主役のリュック・ベッソンは今も相変わらず

のキャラクターぶりだが、相手役のゲイリー・オールドマンはまるで違う役者

になったと思う。ドラキュラ、裏切りのサーカス、そしてチャーチル首相まで演じきった。

若い頃は兎のような可愛い目が役柄に似合わずおかしかったが。

食べすぎ

昨夜からお腹の調子が悪い。5,6回吐き下痢も、今日になっても吐き気はいちおう

収まったが食欲がぜんぜん無い。日頃のババの状態からしたらありえない。明日も

この様子なら医者に行かなくては。家康は晩年、食事ができなくなったら、寿命だろう

と悟って一切の飲食を絶ったという。俗人のババも下手な悪あがきをしないほうが。

シャトーブリアン

お節替わりにシャートーブリアンを約束してしまったババ。なんでも牛肉の

ヒレのなかでも上等品で箸でも切れる柔らかさとか。100グラム5千円

もするとか。正月予算をあちこち削って手に入れるしか。でも駅前スーパー

では売ってないか。

カーテン替え

いま室内はなんと24℃、ストーブが要らない暖かさだ。11月もあと1週間と

いうのに。だからといっていつまで夏用のカーテンを掛けておくわくに行かない。

それに朝、カーテンを開けるときにいやでも目につくガラスの汚れ。去年の暮れ以来

掃除をしていない。あちこちで歩いていては駄目だと、反省だけはするババ。

杖を買い直したババ。店から帰り道のコンビニであやうく買ったばかりの

杖を置き忘れるところ。電車に乗っても降りるときに座席に置いてくるんじゃ

ないかと、家に帰るまでひやひやだった。この分じゃ遅かれ早かれ杖を失くす

かもしれない。

失せもの

傘や手袋などしょっちゅう失くしているババ。今度は折りたたみの杖が見つからない。

最後に使ったのは11月4日土曜日だと思うが、駅から家まで突いてきたのを記憶している。

杖を入れる袋も無いのでどこかに仕舞い忘れたのかなと。狭いアパートで探しても仕方ないかな。

しかし杖が無いと帰り道に不自由しそうだ。

予防注射

インフルエンザ予防接種を今日してきたババ。コロナ7回目は思案中。読書の

知人はみな打たないというし、中には6回後帯状疱疹を発症したババにこんど打ったら

死ぬかもと脅かす人もいる。インフルだってコロナ前にはなんだかんだと理由をつけて

ババは打っていなかった。ジジが健在ならコロナの予防接種は受けただろうか。

冬物

突然の寒さにあわてて冬物の衣類や布団を引っ張りだしたが日頃の管理が

悪いババはシーツやセーターが見つからない。もう処分したほうがいいコート

やカーテンは出てくるのに。

公園で

買い物帰りに公園でひと休みしていたババ。雨がちなので遊んでいるこどもたちは

いない。そこへ小学低学年と幼稚園児の男子を連れた男性が。下の子はが白い手袋

をしているので寒いのかと思った。ところが父親は白い手袋を二つと緑色のビニール

袋をみんなに配った。何をするのかと思ったら、園内のゴミ拾いを始めた。自治会の

仕事でなく、自発的にやっているようだ。えらいなあとババは感心。なにかご褒美を

と思っても菓子類は買ってなかった。

小春日ならぬ小夏日が続いたこの秋もとうとう終わって冬がやってきた。

ババもあわてて羽毛布団や毛布を引っ張りだす。カーテンの掛け替えも

しなくては。踏み台に乗っての作業は年々しんどい。デイケア仲間の一人

のお宅のカーテンは幅150センチ、高さは250もあるという。おまけに生地は

厚手のブロケードで取り外しも洗濯も大ごととこぼしていた。

災厄

ここ2週間は災厄つづきだったババ。転んだのを始めとして、

玄関のかまちに向う脛(弁慶の泣き所)をぶつけて青あざが。

土間に転げ落ちなかったのは奇跡的?スーパーではひと様の

カートを間違えて押してしまい、あやうく泥棒呼ばわりに。ジジが

かつて言った通りに家で大人しくしていれば、防げたかも。

ただパーキンソン病は引きこもりがちな人が掛かりやすいいとか。

良く分からないがドーパミンとかいう脳内物質が関係するらしい。

六本木ヒルズ

どういう風の吹き回しか、中央図書館ではなく六本木ヒルズへ行ってしまったババ。

入り口にある巨大蜘蛛のオブジェママンを見たかったからかも。品川駅からヒルズ行きの

バスに乗り終点で降りる。降りたはいいが、ママンはどこか分からず道を聞いてしまう。

若い女性は嫌な顔もせず案内してくれる。「ここは中が複雑で難しい」とさりげないフォローも

嬉しい。ママンを知ったのはダン・ブラウンの『オリジン』だ。グッゲンハイム美術館にあるという

巨大蜘蛛の描写に引き込まれた。同じものが世界に8カ所あるという。六本木のもその一つだ。

ただ風雨に晒されて大理石の卵が黒ずんでいたのは残念。お昼を食べようと、レストランエリアに行くと

店名は英語かどうか分からない外国語。高級そうで中に入るのも躊躇。結局、一番分かりやすい中華。

一人客はババだけと思ったが、どんどん入ってきて良かった。まあどのお客もババより遥かに若い。展望台

に上がって景色を一望できると思ったが、夏日で霞んでいた。東京タワーは気の毒なくらい小さかった。

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »