2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 短歌会 | トップページ | 薄着 »

ロシア

恵比寿駅の行き先案内板からロシア語表示が消えたとのニュースがあった。

「坊主憎けりゃ袈裟までうんぬん」のことわざを思い出す。ソ連華やかなりし

頃、チエコやポーランドで紛争があり、そのつどソ連の軍隊が出動し、力づくで

ねじふせた。しかしロシアとソ連は別物という意識があり、民謡や料理などを

堪能した。しかし今はロシアそなわち暴力国家の烙印でないか。大袈裟に言えば

トルストイやドストエフスキーを読むのもはばかれるそうだ。同時多発テロのと

きにアメリカの対応に消極的だったフランスに反発して、フレンチフライドポテトや

フレンチドレッシングの表現を嫌ったことがあった。

 

« 短歌会 | トップページ | 薄着 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 短歌会 | トップページ | 薄着 »