2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

入院

一泊二日の入院をしたババ。病院は地域包括ケアセンターという

ことで、いわば老人ホーム的なところ。トイレシャワー付き個室で

一泊一万二千円に食事代。これから暑さに向かってこういう環境で

すごすのも悪くないかとおかしな考えを起こすババ。しかし一か月

だと40万円近い計算。ババの乏しい年金ではとうてい足りない。

暑いアパートで汗をかきかき乗り越えるしかない。

シャンプー

明日の入院手術の前に、美容院でカット、シャンプーをして

もらったババ。手術後2週間はシャンプーできないということ

で、この暑い時季、それだけが悩みの種だが、ときどき美容院で

洗ってもらうしかない。何種類もの目薬をさすのよ、それが大変と

手術経験者は教えてくれるが、すべて成り行きまかせのババ。どうに

かなるだろう。

予約

昨日は5時すぎまで粘ったが、惜しくもタイムアウト。ならば今朝から仕切り直し

のコールセンターは空振り続き。ようやく2時すぎにつながり予約がとれた。これで

安請け合いのババもほっと一息、明後日の手術の用意に取り掛かる。入院時費用10万円

をバッグに、それから説明書、誓約書などの書類。万事そつなく用意はなかなか出来ないババ。

ああしまったにはならないようにと願うばかりだ。

コールセンター

ワクチンの予約ができないという知人にパソコンでしてあげるわよと

気軽に請け負ったババ、ところが今回は電話優先でネットは2日後という。

それでは予約が埋まってしまうと、8時半から電話し始めたが午後4時

過ぎても繋がらない。過去2回、知人が挑戦してだめだったの話が理解

できた。いったいコールセンターには何人配置されているだろう。新聞

歌壇に嘆きが詠まれているのも、無理ない話だ。今日はもうあきらめて

明朝再挑戦だ、うまく行くかどうか五里霧中のババ。

 

電気圧力釜

電気圧力釜を使いだして数か月。思った以上に使い勝手が良い。

ババの知人にも使い始めた人がいて、便利だという。ご飯には

うるさかったジジも満足したかも。いやいやジジの最高のご飯は

母親の在所の竃炊きが口癖だった。ある時、ジジの姉さんたちに

聞いたところ「そうかなあ、戦時中で食べ物が不足していたから

どんなご飯でも美味しく感じたんじゃない」との返事。ジジはむき

になって否定していたが。

医者通い

眼医者に続いて歯医者通いのババ。差し歯の治療が終わったと思ったら

被せた歯の治療とか。また数回行かなくては。これから二カ月、眼の手術

や、ワクチン接種、さらに歯医者と日にちのやりくりがたいへんだ。

伸ばし伸ばしのジジの法事はいつできることか。

ウイリアム・シャトナー

CSの番組を検索していたら、ウイリアム・シャトナの司会する

「世界の怪奇現象」というものがあった。彼はたしか映画「カラマーゾフの兄弟」

でアリョーシャを演じていたのでは、若き日の面影はさすが無かったが。

今回はマヤを始めとし、突然消えた文明が世界中にいくつもあるという。その消えた

理由が分からないものも多いそうだ。ふんふんとババは呑気に見ていたが最後に

10年前の東日本大震災と原発事故が映ってびっくり。自然の脅威はもちろんだが、

原発のメルトダウンは人間が起こしたものだ。文明が突然消えるというのは、昔の

話ではなく、現在もそして未来にも起こりうる。

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

個人情報

ババが編集に参加している同好会誌で、個人情報の流出があったとかで、

配布中止に。個人名を書くときは、その人の了解をとるようにと、会長

からの注意が。会員だからという甘い考えはだめかと反省。難しい時代に

なったものだ。

 

外干し

ここ一週間ほど洗濯機の部屋干しが続いたババ。今日は午後から

晴れたので久しぶりの外干し。からっと乾いて気持ちが良い。

知人のなかには、乾燥機を使うので外干しをしないという人もいる。

たしかにババのようなアパート住まいなら、狭いベランダいっぱい

干せるが、立派なお宅はどうだろうか。洋風の素敵な家に建て替えた

人が、玄関傍の軒先に洗濯物を干すのは、頂けないと思うババ。

高齢になると二階のベランダに干しに行くのは一苦労。つい手近な

居間の軒先に干してしまうのは仕方ないけど。

 

はしご

三日続けて同じ病院の各科を受診したババ。さすがに疲れた。

白内障手術の事前説明、家族同伴ということで、東京から乙子に

来てもらった。次の日は整形外科で腰のレントゲン。背骨の一番下の

骨の隙間がつぶれているという。老化だからと、治療法は湿布、塗り薬

ひどい時は鎮痛剤との診断。脊柱管狭窄症とか言われなくて良かったと

ババ。つぎの日は内科での定期健診。いろいろな薬をもらった。これから眼の

手術やらワクチン接種での病院通いは続くそうだ。

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »