2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

寒い

三月も終わり、土手の桜もさいたというにこの寒さ。仕舞いかけてダウンコートを

また羽織る騒ぎ。花の咲く順序も最近おかしい。桜よりアイリスやつつじが早く

咲いている。ババの花粉症もさっぱり良くならない。それでもこりずにあちこち出掛け、

くしゃみ乱発で他人に迷惑かけているかも。明日はいよいよ新元号発表とか。丸付け欄が

もうひとつ増えてお役所は大変だろう。あっ明治は無くなるのか。

 

 

 

 

枝垂桜

お彼岸にジジの墓参り。山門そばの枝垂桜が満開。
去年は四月初めに行ったら、もう葉桜だった。ちかくの谷中
墓地の桜はまだ咲いていないのに、この枝垂桜は開花が早い。
墓参りの翌日、近くのお寺の境内を通ったらそこの枝垂桜も
満開。保育園児たちがお花見に来ていた。

バス旅

昨日ババはサークルの行事で筑波山麓までのバス旅。天気はまあまあで
風は少し冷たかったが、桜の開花も見られて楽しい一日だった。何より楽しかったのが
皆で食べるお弁当。ババはコンビニ食だったが、手作りのお惣菜のお裾分けに
預かり恐縮。そういえば一年前、同じ仲間で行田方面へのバス旅をした。仲間の
独りが赤飯弁当を十人前以上用意してきて、ババもお相伴。どれだけ早起きを
したのかと、いま思っても感謝でいっぱい。その三か月後に急逝するとは。

ホーム

ひとり暮らしで寂しいでしょうし、夕飯の支度や入浴も
不安でしょ。早くホームに入ったほうがいいわよと、知人の
勧告。もっともなご意見だとうなづくババ。知人は二世帯七人の
大家族。その境遇から見るとババの生活は危なっかしいと思うの
かも。別のひとり暮らしの知人にすると「そんなに早くホームに
行くことはないよと言う。買い物や家事を他人任せにするとボケ
ちゃうとおどかす。はてさてどちらが良いのか。

モバイル登録

プリンターのインクを買おうと電機店に寄ったババ。若い店員が
会員登録をすると、インクの交換費用が安くなるとの言う。得することは
なんでも好きなババ。早速その気になるとケータイありますかと聞く。
スマホでなくケータイとはこの店員は鋭い。でケータイをあれこれいじくって、
氏名、住所、生年月日、はてはパスワードなどなど打ち込まされて
ババは冷や汗。でもどこがどう間違ったのか登録出来ずじまい。やれやれ
だが、ケータイの数字や英字を打ち込む操作がいくらか分かって良かった。

巣鴨

雨の中、とげぬき地蔵へ出かけたババ。あまり並ぶことなく観音様を
洗うことが出来た。両側からという注意書きがあることを前の若い女性
グループに教えようとしたが、彼女たちは中、韓国人らしく通じなかった。
日本の若い人はあまり行かないところだなと、ババはため息。
商店街は真っ赤な下着やら塩大福など相変わらず賑やか。そういえば
十数年前、来た時なんと傷痍軍人が物乞いしていてびっくり。戦後何年
経っているのか。その話を知人にしたら彼女は成田山で見かけたという。
流石に今日は居なかったが。

三月

あっというまに三月。ババの昔の腰折れ。
(逃げる二月去る三月もたちまちにしどろもどろの四月の桜)
四月はジジの八十三歳の誕生月。昨日、おかしな話を聞いた。
愛妻に先立たれた人が、妻はちゃんと往生したかどうか、気がかりで
霊能者という人に伺ったという。その霊能者の話では極楽往生できるまで
27、8段階がある、相談者の妻はまだ22、3段階に留まっている。段階を上げるには
しかるべき祈祷料を払ってください。その話を聞いて妻のためにけっこうな金額を
払ったそうだ。妻が無事極楽出来て、私の心も晴れたとババに語ってくれた。
ババと同じ境遇で一緒にその話を聞いていた女性とババは顔を見合わせてにんまり。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »