2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015

題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012

題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

かつて都電の停留所4、5、7、8、34番の古川橋

樽や桶商う店のみな失せて色とりどりのプラスチックよ

百歳の姑のあとを追うように七十年の生涯閉じしか

体操

一日も欠かさずラジオ体操をしていることが友の若さか

拍子

突拍子ないことばかり言いおって腹たてながら財布の紐が

非常

非常用持ち出し袋この五年使わぬ幸をひたすら感謝

湯王の盤に彫りたる「日々新た」日々に新たと論語訓読

カトリック

カトリック山手教会にてミサを受くマジックなどは願わぬままに

潮鳴りの聴こえぬ「港の見える丘」地下鉄駅へはエレベーターで

宿場

宿場町の賑わい何処さびれたる街はトラック通過するのみ

旅行

初めての洋画を観しはスバル座の「ガリバー旅行記」八歳なりき

お向かいの一年坊主半歳も経てば帽子をあみだに被り

ばかり

つまりその言い訳ばかり真実は闇の中なる地下空間か

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »