2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015

題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012

題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

火星への旅は片道切符とか弓弦のような月の遥かを

まさか

まさかよりああなるほどの御退任オオクニヌシも肩の荷おろす

旧日光東往還いま寂れシャッター降りし店舗の数多

権力の尻尾に媚びを売るようなグループ解散それも良きかな

凝視

「凝視せよ戦禍の跡を」スローガンは甲子園の歓声に消ゆ

化学物質いろいろ詰まりし枕にて蒸し暑き夜の頭を冷やす

君が代

君が代がながれ日の丸するするとテレビの前にしばし愛国

平成もいずれ終わらん挫折なく連綿つづく御世を祈れど

屋根

震災の被害は瓦屋根のみと思えどモニタリングポスト未だ

平均的老後資産というものに遠く及ばず今日もケチケチ

こんな

あんな坂こんな坂でもすいすいと登り下りの頃なつかしき

ミンミンの旋律ひびく森の道ここも宅地化の波おしよせて

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »