2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015

題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012

題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

国外へ出たことなしと含羞に頬あからめて告白をする

三キロの減量しても横幅は以前のままとジーンズあきらめ

持ち込みの手荷物容量オーバーか久しぶりなる空の旅路に

九条は時代錯誤か右翼カー軍艦マーチを響かせ通る

一時間待って診察三分余投薬五種類先生パソコン

「盲」「聾」「唖」の訓は削除の時世にて「見ざる」「聞かざる」「言わざる」ままに

マンション

駅前にタワーマンション完成し手荒き風に身を縮めゆく

伏し目がち口ごもりつつ貸し金の催促をして悲しくなりぬ

今日われは膝の痛む日晩年の卑弥呼も膝の痛みありしか

平均より下の暮らしか特売のスーパーレジに番を待ちおり

シワやシミ隠せるという美容液クラス会には塗りてゆかんか

偶然でなく必然の思いにて津波原発の映像を見る

君こぼす「すぐに穴あく靴下」はベトナム製の五足で千円

厳冬より春は辛しと思うかなそよ吹く風にもくしゃみ止まらず

そろそろと及び腰にて男坂のぼりてゆけば梅の香ぞする

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »