2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »

010:倒(原田 町)

春霞いいえPM2・5面倒なものいろいろ増えて

009:いずれ(原田 町)

いずれまた手を振りてより三十年きみの訃報の小さく載りぬ

008:原(原田 町)

原発の再稼動するを拒みつつスカイツリーの夜景楽しむ

007:快(原田 町)

完治とは言いがたいがとりあえず快気祝いの品を選びぬ

006:員(原田 町)

復員の叶わぬ父は妻子より靖国神社へ還ってきたのか

005:返事(原田 町)

耳遠くなりし君かも呼びかけに返事無きことたまさかありて

004:瓶(原田 町)

鉄瓶に井戸水沸かし茶を淹れるそのもてなしに和む雪の日

003:育(原田 町)

教育ママと笑われしこと遥かにて蛙は蛙の息子も不惑

002:飲(原田 町)

コップ半分のビールさえも飲み余し地区の集いにうつうつと居る

001:咲(原田 町)

咲きかけの沈丁花も震えてる立春寒波にめげず詠おう

参加します(原田 町)

題詠ブログ2014に参加いたします。よろしくお願いします。
ここ数年、立春にスタートしようと思っていて、歌も用意して
いた。ところが今朝は昨日とはうって変わっての寒さ。あわ
てて作り変えた。今年もその時々の気象や出来事を詠って
いきたいと思っている。

« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »