2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

023:不思議(原田 町)

広大な宇宙に地球と同じ星いくつあっても不思議はないか


022:梨(原田 町)

マスカット二十世紀梨あこがれの果物だった頃もありしよ

021:仲(原田 町)

彼岸会の墓に線香花たむけ何れわたしもこの仲間いり

020:嘆(原田 町)

スリーマイル島チェルノブイリにフクシマと「嘆きの壁」をいくつも築く

019:同じ(原田 町)

ああいつも同じようなる献立をもくもく食べるあなたに感謝


018:闘(原田 町)

暖かくなればスギナやヤブカラシ草との闘い果てしもあらず

017:彼(原田 町)

ダウンコートお彼岸すぎても着ることが寒のもどりに首をすくめて

016:仕事(原田 町)

ひさびさに針仕事せん絎台や箆はどこかに置いてあるはず

015:吐(原田 町)

原発の吐きだしたもの封じこめ春うらうらと株価はあがる

014:更(原田 町)

以前ここは何の店屋があったのか商店街に更地また増え

013:極(原田 町)

杉花粉PM25春風は迷惑至極なものを乗せくる

012:わずか(原田 町)

わずかでもセシウム汚染ありそうで庭の蕗のとう今年も採らず

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »