2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015

題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012

題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« まさか | トップページ | 雪の朝 »

カワセミ

土手を散歩していてカワセミを発見したジジババ。
「なんであんなに綺麗なのかしら」と双眼鏡を向けながら、
ババは興奮。「この前の探鳥会で見たのより羽が青い」
「光線の具合だろ」とジジ。
土手には、ハクセキレイ、モズ、アオサギ、そして川には
カモ類、オオバンがいるが、カワセミほど美しい小鳥はいない。
大袈裟だが、造化の妙というほかはない。
「でも、カワセミの巣穴は臭いらしいよ」とジジ。
「目が覚めるような美人でも、家の中が汚いと同じだな」と
さらに続けて「ブスで台所も汚いのもいるからな」
「だれのこと言ってるのよ」ババはむくれる。

« まさか | トップページ | 雪の朝 »

「ババのたわごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95694/53741104

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミ:

« まさか | トップページ | 雪の朝 »