2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015

題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012

題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 初雪 | トップページ | 日比谷公園 »

公民館の古文書講座で「伊勢道中記」の解読をしている。お伊勢さんから、熊野三山へ向かった一行が無事参拝を済ませ、宿で餅を食べたという記述がある。その中に「満イ」という言葉があって意味がよく分からない。「満了」とか「満意」とか講師を交えて喧々諤々。私の浅知恵では「まい」と読んで「幣」のことかな、と思ったりするが。
 ネットの検索だと、三山仕舞の後、餅を搗くのは関東人が持ち込んだ風習だとある。それで「ははあ」と合点したのは、ジジの故郷の慣わし。祝い事はもちろん、葬式にも立派な鏡餅が祭壇に供えられ、その両脇に丸餅の一杯詰まった台が並べられていた。
「伊勢道中記」の一行も餅を神前に供え、宿の人たちにも振る舞い、そして故郷への土産にしたのだろうか。文政の時代には、今の宅配便のようなシステムが出来ていたのが、道中の所々に覗える。

« 初雪 | トップページ | 日比谷公園 »

「ババのたわごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95694/50673801

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 初雪 | トップページ | 日比谷公園 »