2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

040:レンズ(原田 町)

瓶底のレンズはいつも鼻の上これが無ければ世界はおぼろ

039:怠(原田 町)

油断せず抜け目もあらず怠らずさう言ふ人にわたしはなりたい

038:空耳(原田 町)

空耳か思へるほどにホトトギス八幡宮の森より聴こゆ

037:奥(原田 町)

高野山奥の院には白蟻の供養塚まで建ちてをるらし

036:正義(原田 町)

正義派の弁護士といふレッテルを貼られたきかと子に問ふてみる

035:金(原田 町)

紙芝居の黄金バットいつもつも危機一髪の続くで明日

034:孫(原田 町)

われの名の一字入りし初孫よ偶然なりきの思ひもあるが

033:みかん(原田 町)

「庭先のみかんにメジロ巣を掛けし」開発すすむ故郷のたより

032:苦(原田 町)

渋滞の苦労いとはず吉野へと一目千本の花をたづねる

031:SF(原田 町)

SFの世界のやうな壊滅が起こるかもしれぬ四月一日

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »