2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015

題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012

題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 七福神 | トップページ | 探鳥会 »

題詠マラソン

 今年も題詠マラソンの受付が始まった。もし参加できれば七回目ということになるのかもしれない。昨年の私の歌についていろいろご批評いただき感謝しているが、いまいち納得できかねることもあった。短歌の内容はともかく、表記について口語体なら新仮名でいいが、文語体は旧仮名にすべきだというご意見。また一首の中に口語、文語が混ざるのは駄目という手厳しい意見もあった。
 まあそれは人それぞれの主張でこれが絶対というものでもないと思う。私の好きな山崎方代の歌に「こんなにも湯呑茶碗はあたたかくしどろもどろに吾はおるなり」というのがある。
 まさに口語、文語のまざった一首であるが、結句の「おるなり」を「いました」などという口語にしてしまったら、この歌のそこはかとない哀愁は消えてしまうと思う。旧仮名、新仮名のまぜこぜは禁物だけれど、そのほかは自由に心のおもむくままに今年も詠えればと願っている。

« 七福神 | トップページ | 探鳥会 »

「原田 町の短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95694/47227846

この記事へのトラックバック一覧です: 題詠マラソン:

« 七福神 | トップページ | 探鳥会 »