2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015

題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012

題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 降る雪の | トップページ | 詩集「三人」 »

危うく

 今日もまだ強風が収まっていない。北日本の人たちから
 みたら、こんな風くらい、と言われるかもしれないが。
 しかし、昨日は肝を冷やした。屋上の床板の一部が強風に
 吹き飛ばされて、家の前の道路に落ちた。幸い、通行の人や
 車も無かった。これがもしご近所の小学生に当たっていたら、と
 ぞっとした。床板のボルトが緩んでいたのを見逃していたのだ。
 松林だったところが、開発されて広い道路や宅地ができ、その
 ためか北西の風が強くなった。風に飛ばされてきたもので、
 西側の窓ガラスが割れたこともあった。しかし、わが家の被害など
 言っていられない。加害者になりうることが充分あると、ジジともども
 深く反省。

« 降る雪の | トップページ | 詩集「三人」 »

「ババのたわごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95694/17832596

この記事へのトラックバック一覧です: 危うく:

« 降る雪の | トップページ | 詩集「三人」 »