2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 危うく | トップページ | 参加します(原田 町) »

詩集「三人」

 テレビのETV特集は見逃してしまったが、本は買った。
 2006年題詠マラソンの課題№13のクリームで
 つぎのように詠ったのが縁かもしれない。
 「命名は金子光晴そのむかし母愛用のクリームはモンココ 」
 金子光晴、森三千代、 森乾(けん)の親子三人の未発表戦中
 詩集と帯にある。
 森三千代の名前は、少年少女文学全集の中の「ハムレット」とか
 「湖上の美人」で知っていた。モンココが金子光晴の命名と知ったのは
 ずっと後のこと。記憶の中の断片が、この本を買わせたのかもしれない。
 冒頭の詩はかつて、改作されたものを大岡信選の「ことばよ花咲け」で
 読んだことがあるが、この本のほうが切実感が深いと思う。 

« 危うく | トップページ | 参加します(原田 町) »

つれづれ読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詩集「三人」:

« 危うく | トップページ | 参加します(原田 町) »