2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 087:テープ | トップページ | 089:こころ »

088:暗




植物の暗闘ひそかわが庭のもぢずり草は消えてしまひぬ

(狭い庭だが、一番元気が良いのはアフリカ原産という大輪のマツバボタン。太い茎を縦横に伸ばしている様子はまるでヒトデみたい。モジズリソウもジュウニヒトエもいつか消えてしまった。ところでモジズリソウは捻り花ともいうそうだが、この花から百人一首に由来するという「忍ぶ文字摺り染め」を連想するのは難しい気がする)

« 087:テープ | トップページ | 089:こころ »

原田 町の短歌」カテゴリの記事

コメント

植物、魚の世界での外来種が在来種を攻めまくっているようです。最近聞いた話では、外来種は自分の周りの成長を抑えるホルモンを出して、勢力を拡大させるとか。生きるための手段なのでしょうが。
 もぢずり草というのは「ねじばな」別名「もじづり草」のことでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 088:暗:

« 087:テープ | トップページ | 089:こころ »