2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 080:富士 | トップページ | 082:サイレン »

081:露




露霜の消したき言葉いくたびも零れ落ちたるわが口あはれ

(かのイエス様も口に入るものより、出るものに気をつけるように、説かれたとか。凡人である私はついつい言わでもがなのことを言ってしまい、露霜のように早く消したいと願うばかりです)

« 080:富士 | トップページ | 082:サイレン »

原田 町の短歌」カテゴリの記事

コメント

はいはい、我が口も同様です。

消すとか置くに掛かるという、枕言葉「つゆじも」を使って、ちょっと気取ってみましたが、慣れないことはしないほうがいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 081:露:

« 080:富士 | トップページ | 082:サイレン »