2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 彼岸 | トップページ | 弁天小僧 »

栗本薫

 ひさしぶりに栗本薫を読みました。図書館から借りてきた『第六の大罪~伊集院大介の飽食』です。『ぼくらの時代』からの「ぼくらシリーズ」は面白いと思ったのですが、『天狼星』で、げっとなって、それから敬遠していました。『グイン・サーガ』は一篇も読んでいません。だから、彼女のファンとは言えないでしょうが。今回の作品もタイトルからして、ゲロゲロかとおそるおそる読みました。でも短編集のせいかどぎつい描写もなく、ひとを食ったユーモラスさもありました。なにより名探偵伊集院大介が(さえない中年のオッサン)になっているのが、気にいりました。

« 彼岸 | トップページ | 弁天小僧 »

つれづれ読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗本薫:

« 彼岸 | トップページ | 弁天小僧 »