2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015

題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012

題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 065:鳴 | トップページ | 067:事務 »

066:ふたり




一匹とふたりが並び夕陽みる太郎の時間とわれらの時間

(何年か前に「石と水とわれらの時間それぞれに昇仙峡の秋はたけなわ」という歌を結社誌に発表したことがあります)

« 065:鳴 | トップページ | 067:事務 »

「原田 町の短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95694/10095133

この記事へのトラックバック一覧です: 066:ふたり:

« 065:鳴 | トップページ | 067:事務 »