2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015

題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012

題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 049:戦争 | トップページ | 051:しずく »

050:萌




一の谷萌黄匂いの鎧きて討たれし武者の碑ひとつ

(神戸から鵯越、一の谷へと周ったことがあります。源平合戦の頃とは、地形が変わってしまって、ただ地名が残っているという感じでした)

« 049:戦争 | トップページ | 051:しずく »

「原田 町の短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95694/9671722

この記事へのトラックバック一覧です: 050:萌:

» 50:萌 に返歌させていただきます。 [梅の咲くころから]
在りし日の萌黄匂いの武者なれば 碑ひとつをいかに讃えん [続きを読む]

» もえぎのこと(はこべ) [梅の咲くころから]
メッセージありがとうございました。 丁度良い機会ですので調べてみましたら 萌黄 萌葱 萌木 も同じ色番号になっています。 「色の手帳」「古語辞典」にて。 若武者には 萌黄が一番合うような気がします。日本語は楽しいですね。 これからも よろしくお願いいたします。... [続きを読む]

« 049:戦争 | トップページ | 051:しずく »