2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« お題べつ好きな歌(046:泥) | トップページ | お題べつ好きな歌(048:袖) »

お題べつ好きな歌(047:大和)

(春畑 茜)
ゆく春のとりとめのなきさびしさに佐美雄の『大和』机上にひらく
(こはく)
うわずった横隔膜を押さえつけ大和を探しているのおそらく
(斉藤そよ)
よっこらしょどっこいしょってお月さま 大和なでしこ的な緩慢
(青野ことり)
不注意をみられたやうな気まずさに痒みこらえて擂る大和芋
(萱野芙蓉)
女わらはの雀を追うて去にしのち桜ばかりが残る大和絵
(今岡悦子)
チャンバラのあげくに「大和魂」と勝ちほこりたり接尾語のごと
(三宅やよい)
軍服の重き袖垂れ重油垂れ守るも攻めるも大和は沈む
(五十嵐きよみ)
大和煮の空き缶ひとつ捨てられて雨水をためている草むらに
(牧野芝草)
初役の按摩宅悦大和屋は恐がりと知る八月の闇
(細江 藻花)
線路わき野草のなかに花が咲き私も還る大和の土に

« お題べつ好きな歌(046:泥) | トップページ | お題べつ好きな歌(048:袖) »

題詠マラソン好きな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お題べつ好きな歌(047:大和):

« お題べつ好きな歌(046:泥) | トップページ | お題べつ好きな歌(048:袖) »