2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« お題べつ好きな歌(042:官僚) | トップページ | お題べつ好きな歌(044:香) »

お題べつ好きな歌(043:馬)

(武田ますみ)
凛として壇上にいる馬場あき子言葉は削られてこそ真実
(天藤結香里)
たてがみは北海道の透きとおる青空にくっきりと種馬
(みずき)
馬ごやし踏みて足(あ)裏のむず痒し青は羨(とも)しき三月の色
(今岡悦子)
夕闇にそこだけ白く馬酔木咲く線路の脇で「またね」を思う
( あきひろ)
古希迎え七年ぶりの桂浜龍馬も少し腰を屈めて
(如月初香)
春の野に野生馬のむれ静かなり身よりいのちの湯気たてながら
(内田かおり )
山の面に“跳ね馬”浮かぶ土曜日は田植機が来る隣の田んぼ
(敏恵)
馬車馬のように毎日を繰り返す今日は一日動かぬと決める
(湯山昌樹)
馬の目は人間に近いかも知れぬしばたく様も見つめる様も
(沓澤誠一郎)
 弔歌として
遊星よ降りそそぐべし透明なる馬を洗ひしをとこのために

« お題べつ好きな歌(042:官僚) | トップページ | お題べつ好きな歌(044:香) »

題詠マラソン好きな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お題べつ好きな歌(043:馬):

« お題べつ好きな歌(042:官僚) | トップページ | お題べつ好きな歌(044:香) »