2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« お題べつ好きな歌(038:横浜) | トップページ | お題べつ好きな歌(040:おとうと) »

お題べつ好きな歌(039:紫)

(春畑 茜)
青紫蘇の葉を打つ雨を見ていたり病むとし聞けば会いたきものを
(蜂田 聞)
紫の蒲団に座り懇ろに短い経を唱えて去りぬ
(謎彦 )
金印は永遠(とことは)なるに王ひとり紫綬のほつれとともに消えけむ
(遥悠(天晴娘々) )
「なぜ?」 なんて訊く反則に 摘むよりも毟つた紫蘇の実はやるせなく
(橘 みちよ)
いま君は紫の雲 雪かづく飯豊連峰背にたちのぼる
(前野真左子)
さあ詠めと言はむばかりに姫射干(ひめしゃが)の薄紫が今朝開きたり
(Harry )
老父の作る畑の片隅でつやつや光るナスの紫
(花山周子)
鈴掛の青紫に翳りいて雲のようなる街路を渡る
(池 まさよ)
雨の日は君に逢いたい心まで薄紫に染まるみたいで
(小野秀夫)
物識りと言えぬおとうとでもいつかマンガで仕入れていた「紫電改」

« お題べつ好きな歌(038:横浜) | トップページ | お題べつ好きな歌(040:おとうと) »

題詠マラソン好きな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お題べつ好きな歌(039:紫):

« お題べつ好きな歌(038:横浜) | トップページ | お題べつ好きな歌(040:おとうと) »