2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« お題べつ好きな歌(030:橋) | トップページ | お題べつ好きな歌(032:乾電池) »

お題べつ好きな歌(031:盗)

(やそおとめ )
唇形花(しんけいくわ)の白きくちづけ盗むため十二単にまた逢ひにゆく
(望月暢孝)
幾つかは盗んでほしいものあればドアを開いて今日も待ちおり
(今岡悦子)
茄子苗を三本のこして潜りたる夜盗虫にも理があるらしく
(KADESH)
年度末夢にまで見る帳尻は合わず盗汗でびっしょりとなり
(近藤かすみ)
いまとなれば盗まれしものか君のため与へしものかわからぬ時間
(藤苑子)
楽しみは盗りしモチーフ歌の中丹念に編み込んでいるとき
(青井なつき)
そう、それを閉じてしまえば盗み見ることもできない雨夜の月だ
(美穂)
盗まれて困るものなど何も無い。そう信じつつ防備する今日
(堀田季何)
盗人の放ちしドアに秋風が吹きあたる、ああ、今年も平和
(立花るつ)
蛍光灯チカチカとして疼き出す盗み返した後の傷口

« お題べつ好きな歌(030:橋) | トップページ | お題べつ好きな歌(032:乾電池) »

題詠マラソン好きな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お題べつ好きな歌(031:盗):

« お題べつ好きな歌(030:橋) | トップページ | お題べつ好きな歌(032:乾電池) »