2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« お題べつ好きな歌(029:ならずもの) | トップページ | お題べつ好きな歌(031:盗) »

お題べつ好きな歌(030:橋)

(かすいまこと)
橋渡る ただそれだけが冒険で 兄の後追う5つの頃に
(ハナ)
ときどきは橋を渡ってみたくなる帰れる家に飽きてしまった
(吉田貴美子)
ぽつねんと車椅子より見上ぐれば歩道橋とは聳ゆるオブジェ
(野樹かずみ)
ヒロシマの神話のなかから抜け出した人と真夏の橋上にいる
(佐藤理江)
太鼓橋向かふ岸から誰かきて首からしたが徐々に見えくる
(睡蓮。)
ふたりよりひとりで歩くこと多く雨の心斎橋はきらいや
(屋良健一郎)
サメのいる海に架かった橋として平均台を渡ってたころ
(水沢あけび)
潮風に揺れない橋を渡りつつ憶測ばかり軋む夕暮れ
(春村蓬 )
吊り橋の真ん中でふいにポケットの中身を全部捨てたくなつた
(もとよし)
銀の笛抱き都電の夢見れば面影橋はとうに過ぎたり

« お題べつ好きな歌(029:ならずもの) | トップページ | お題べつ好きな歌(031:盗) »

題詠マラソン好きな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お題べつ好きな歌(030:橋):

« お題べつ好きな歌(029:ならずもの) | トップページ | お題べつ好きな歌(031:盗) »