2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« お題べつ好きな歌(016;たそがれ) | トップページ | お題べつ好きな歌(018:教室) »

お題べつ好きな歌(017;陸)

(川内青泉)
舟で行く陸の孤島の大島は原電道路がつきて潤う
(有田里絵)
生命が陸に上がったその夜も星は変わらず輝いていた
(野良ゆうき)
陸を行く動物なれば我もまた踏むこともある蹴ることもある
(遥悠(天晴娘々) )
子宮へと大陸棚の片隅を孕まされた日 林檎飴、透ける
(ジテンふみお)
憶測で足の踏み場のない浜にカメはのっそり上陸をする
( 青山みのり )
魚(うお)にあらず鳥にもあらず陸上に生れし獣として子は走る
(瀧村小奈生)
陸橋の上で会いましょう理不尽な風がいつでも吹いているから
( ヨシノタマキ)
誰しもが軟着陸する夕べなり 光る風ならまう吹いちまった

« お題べつ好きな歌(016;たそがれ) | トップページ | お題べつ好きな歌(018:教室) »

題詠マラソン好きな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お題べつ好きな歌(017;陸):

« お題べつ好きな歌(016;たそがれ) | トップページ | お題べつ好きな歌(018:教室) »