2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 鞍馬寺 | トップページ | お題べつ好きな歌(017;陸) »

お題べつ好きな歌(016;たそがれ)

(花詠み人 )
空襲の 証言聞いて たそがれに まぎれて歩く 「繰り返すまい」
(さゆら )
叱られた子と鉄棒が錆び色となりてはがれてゆくよたそがれ
(かすいまこと )
たそがれることなど我に来ぬものと 信じていたのは昨年のこと
(りり )
一日の終わり近くのたそがれ時またひとつの小さな死を
(飛鳥川いるか)
水ぐすり喉(のみど)に甘くからまりぬ春のたそがれ濁音に似て
(新田瑛 )
たそがれはみんなうごきがゆっくりになっていのちをたしかめにゆく
(相沢銕誠 )
ヴラド家はたそがれ時に朝食を テーブルの上 並ぶ 幼子
(笹田かなえ)
晩夏から初秋へ移りゆくさまにおずおずと行くたそがれの底

« 鞍馬寺 | トップページ | お題べつ好きな歌(017;陸) »

題詠マラソン好きな歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お題べつ好きな歌(016;たそがれ):

« 鞍馬寺 | トップページ | お題べつ好きな歌(017;陸) »