2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

« 判官びいき | トップページ | お題べつ好きな歌(002:色) »

お題べつ好きな歌(001:声)

(もりたともこ)
春風にゆらゆらゆらめく桃の花 きみのささやき声がきこえた
(丸井真希)
透明な君の声には手があって置いていっては私を掴む
(夏瀬佐知子)
声として吐き出す言葉の時として晴れがましきこと尾を引くこと
(あきひろ)
晴れ間出て雪解けの音鳥の声 吾は静かに本を読みたり
(五十嵐正人)
サヨナラもアイシテイルを言うときも震えているは同じ声帯
(なかはられいこ)
泣き声をあげないように手から手へ蝉の抜け殻わたってゆくよ
(水須ゆき子)
梅雨冷えの縁側にたまに落ちている亡き曾祖父の光る濁声(だみごえ)
(石川昌治)
西風が鈴懸の実を吹き抜けるそんな声だった もう忘れたけど

« 判官びいき | トップページ | お題べつ好きな歌(002:色) »

題詠マラソン好きな歌」カテゴリの記事

コメント

拙作をとりあげていただき、ありがとうございます。
現在、別のことに全力を注いでいるため、歌の方は休止中です。また走り出せるようになるか不安いっぱいですが、こうして取り上げていただくと、励みになります。

コメントありがとうございます。前に言われましたこと、やっと初めてみました。短説も読んでもらえるかな、との思惑?もあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お題べつ好きな歌(001:声):

« 判官びいき | トップページ | お題べつ好きな歌(002:色) »