2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

冬支度

涼しいのを通り越して一気に寒くなってしまい大慌てのババ。冬物の

衣類やカーテン、暖房など押し入れから引っ張りだす。秋物の薄地の

コートは出番が無かった。それより北陸新幹線の大変なこと。車窓から

眺めた千曲川の清流がこういうことになるとは。当分の運休とのニュースに

良い時期に行けたとババはしみじみ。

キャシュレス

痛む膝を気にしつつの金沢行き。台風の前日に帰ってこられて

良かったとババ。その膝のせいで兼六園や金沢城の見物はあきらめたが、

古い建物を利用しての、文学館、歴史館に心ひかれた。初めて乗った

北陸新幹線は座席もゆったり、途中で見えた日本海が清々しかった。

そしてこの旅の収穫として、パスモが役にたったこと。旅の途中のお金の

出し入れは意外と面倒。うっかりして財布を落とすことも。ババは二回も

やってしまったが、財布が無事に戻ってやれやれ。駅構内の土産品とか飲食も

パスモ決済ができ、追加チャージをする始末。ポイント還元よりその便利さが

ありがたい。ただ使い過ぎるかなの懸念も。

春菊

近所のスーパーに春菊が。一把98円、安いと買い込むババ。

ジジは春菊にはとりわけ固執していた。自分でも栽培していたが、

真夏は無理。置いてあるスーパーもあるが、値段はとうぜん高い。

それでもジジは「薬を飲むより安い」と言ってババに買わせる。

毎朝、春菊の胡麻和えを食べるのが、健康に一番良いと信じていた。

それなら、もう少し長生きをしても良かったのに。ただ歯だけは丈夫だった。

最後まで義歯は一本も無かった。

倹約

足立区の学習センターへ行くため、北千住駅から都バスに乗ったババ。

ところが、出席者のひとりから「バス代2百円、もったいなからいつも

徒歩で来ます」といわれびっくり。聞けばジジより年上らしい。

「お元気ですね」と相槌をうったものの、2百円もったいないかなと

考えてしまう。高齢者が少しの出費を惜しんで買い物をしなかったり、

バスに乗らなかったりしたら、店も交通機関も赤字でやめてしまうかも。

そうしたら皆な困ることになるかも。

CS

まさかまさか、ドラゴンスとタイガースが最後に対決するとは。

今年もビリかと諦めていたタイガースが終盤に五連勝、最後の一戦に

勝つとCS進出という事態に。幸運だったのは難敵大野投手が、防御率

一位が確定した時点で降板したこと。その直後に得点、さらに相手のエラーで

追加点。さらに六回、代打の上本がいきなりヒット、またまたワイルドピッチで

駄目押し。ジジのドラゴンスには気の毒だが、ババは興奮。このあと日本シリーズ

までとは欲張らないけれど。

近道

登校の男子中学生3人がアパートの駐車場の奥へ入って行く。

どうしたのかと見ていると、なんとフェンスを乗り越え近道

をしている。金網に引っ掛かってズボンを破りはしないかと

ババははらはら。お隣りの人によると毎朝のこととか。アパートの

棟の間を通り抜ける人は何人もいるが、フェンスを乗り越えるとは。

若い人たちは時間が惜しく、少しでも早く行きたいとあせるのだろうが、

ババの年代になると、あせらずゆっくり回り道との思い。

カルチャーセンター

ババの通っているカルチャーセンターは10月が講座の切り替え。

会員のうち5、6名が再受講しないという。考えたら受講料はけっこう

高いし、講師の指導に首を傾げることが多い。近くの公民館などで安く、手軽に

受けられる場合もある。ババもつぎの更新はどうしようか迷うところだ。

季節

「好きな季節は?」と聞かれへそ曲がりののババは「冬」と答え

まわりの顰蹙をかってしまう。ジジも生前「まったく困り者だ」と

ババをなじっていたが。「冬の恐ろしさを知らないから、そんな暢気な

ことを言うのだ」とも。でも12月から正月にかけて西高東低の気圧に

覆われる関東地方ならではの有難さを感じている。国木田独歩だって「武蔵野は

冬がいい」と書いているではないか。

あおり運転

県道を歩いていると、けたたましいクラクションが。前の車に追突せんばかり

の勢いで警笛を鳴らしている。もしかしたら、最近話題のあおり運転かとババ。

ジジの車に乗っていたときも、前の車が結構ゆっくり走っていることがあった。

「とっと走れ」などとジジは毒づいていたが、クラクションを鳴らすのは、違反だとも言って

いた。踏切でも警報器が鳴り出したのに、強引に渡る車がある。歩行者は鳴ったからと安心して

渡ると危ない。中には遮断機を折ったトラックもあった。

 

 

 

 

 

手かざし

整形外科で順番を待っていると、隣席の人が「痛み止めを飲むより手かざしが

効きますよ」と言う。えっと驚くババ。そうか病院ってこういう人も来るのか

と感心。正岡子規の逸話でキリスト教への入信を勧められた子規は「この苦痛を

取ってくれるなら、いつでも入信する」と言ったそうだ。苦しい時の神頼みというか、

弱気になっているときは何にでもすがりたくなる。でも病院でこういう話は止めてもらいたい。

 

 

災害

ババの地区は幸い台風の被害は無かったが、南東部の市町村では

いまだ停電や断水が続いているとのこと。この残暑の中どう過ごしておられるのか、

ババは想像するだに生きた心地がしない。今回は災難を免れたとはいえ、いつ何時

同じことがこの町に起きるかもしれない。いざその時は?

 

 

イートイン

台風一過の猛烈な暑さにババもぐったり。リハビリ体操教室に

出席したあとこのまま家に帰る気になれず、どこか涼しいところと

思い映画館に行くことに。幸い映画館はバスの停留所のすぐ傍。

ショッピングセンターや書店、レストランも入っている。映画は

もちろんシニア料金。昼食は地下のスーパーのイートインで手軽に。

ババと同じ思いの人も多いのか、平日でも結構混んでいる。隣に座っている

人が「来月の消費税値上げだと、ここは10%でしょ」と言う。そうか軽減税率

が適用されないのか。それでも上のレストランより安上がりだし仕方ないかとババ。

大卒

ババの趣味仲間ののひとりが「わたし、大学出てるのよ」と言った。

大卒でないババはぎくり。もしかしてここの会員はほとんど大卒かも

しれないと。中学や高校の先生だったという方は数人おられて、その方達は当然

大卒だろうが。でもわざわざ自分から吹聴することもなかろうに。「大学は

どちら」などと聞かれて、答え次第ではランクの上か下か判断されてはたまらない

だろう。卒業して半世紀以上たって、いまさら学歴なんてとは、ババの負け惜しみ。

塗り絵

月一度の論語教室でなんと塗り絵に挑戦のババ。ジジの遺した

12色の鉛筆がここで役に立とうとは。お雛様の下絵に色を

付けていくのだが、配分が難しい。一本の鉛筆で七色が出るのを

上手に使って、あっというまに仕上げてしまう人。ババもやってみたが、

力の加減がうまくゆかず、濁った色になってしまった。来月は富士山の

絵だとか。肝心の論語より熱が入りそう。

 

 

 

 

九月

やっと九月になったかと、ババは感無量。といっても昼間はまだまだ暑い。

それでも萩の花が咲きだし、夜は虫の声が聞こえる。暑い最中は億劫だった

図書館通いも出来そうだ。左ひざ

» 続きを読む

整形外科

膝の痛みで近くの接骨院二通って、電気療法やマッサージを

受けていたババ。少し良くなったと思ったらここ数日、猛烈に

痛くなった。これはいけないと、隣町の病院へ。そこは企業系の

病院で社員とその家族の優先があると聞いていて、その会社に縁も

所縁も無いババは、敬遠していたのだが、行ってみると初診に関わらず

迅速に対応してもらい、有難かった。レントゲン検査の結果、膝の軟骨

部分のすり減りとのこと。塗布剤や痛み止めなど処方された。そして薬局も

薬の渡しも会計もババは座ったままでできた。また冷たい飲み物サービスも

あった。帰りに気づけば、病院の周りには薬局がいくつも。それでサービスが

良いのかと合点。

 

 

 

痛い

七月初めごろから左膝の内側に痛みを感じ、接骨院で

マッサージなど受けていたババ。ところが治療の甲斐なくここ数日

痛みと痺れが左足全体におよび、これはいけないと狼狽する。知人たちの経験談を

聞くと、おそらく座骨神経痛か脊柱管狭窄症ではないかとのこと。早く

専門医に診てもらうよう勧められた。ジジも十数年前、原因不明の痛みに悩まされ、

一時は椅子に座ることも出来ず、食事も畳の上に横になって摂っていた。いろいろ

検査をしたが、結局老化で片付けられたが、しばらくすると嘘のように治った。

ジジの例のように治るといいけれど。

プレミアム商品券

「商品券、わたしは買わない」とババの知人の一人が言う。もう

一人も「お釣りも出ないし、デパートも無い町じゃ使うところも」と消極的。

ババはいちおう申込書は送ったけれど迷う。日々倹約の生活でいっぺんに2万円の

支出は痛い。交通カードだって一回のチャージは3千円どまり。5千円の得といっても

ピンと来ない。ずいぶん前だが、隣町に開店した蟹料理屋が2千円で3千円分の食事券

なるものを売りに来たことがあった。それはお得と買ったが結局その券を使うことなく

無駄にしてしまったことがある。今回もそれの二の舞になる恐れも。

 

 

 

処暑

暦のうえでは処暑で夏もお仕舞とか。昨日、今日と朝晩

少しばかり涼しくなってありがたい。週末は息子たちが来たりして

嬉しいが忙しかったババ。たまに来たのだからと、財布の紐を緩めての

ご馳走ぜめ。そのおかげでババも太ってしまったが。

 

フェーン現象

台風一過の涼風を期待したが、今日はフェーン現象とやらの暑さ。

法師ゼミどころか、ヒグラシだった鳴きだしたのに。とババは気息

えんえん。

«うっかり