2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

点検

ガス器具の点検をするという知らせに、慌ててコンロ周りの掃除を

するババ。薬缶もポットも日頃の手入れが悪いので、油でギトギト。

クレンザーやら洗剤でこすって汚れを落とす。風呂場の水回りは明日に

しよう。

介護認定

いよいよ介護認定を受ける羽目になりそうなババ。年齢による

足腰の衰えは致し方ない。ケアマネージャーからいろいろ質問され

当てはまることばかり。次は役所から担当者が来て、検査をすることに。

いま判定が厳しいから、要支援1がいいとこでしょう、とケアマネージャーさん。

近くにリハビリ施設が出来たので、週一回でも通えればとババ。

休館

感染者が増えているのは分かっているが、ここにきて図書館、公民館

施設が軒なみ休館とは。しかし今日行った役場のレストランは休業しない

とのこと。花より団子ではないかとババのグチ。図書館で静かに読書している

ほうが、感染リスクは低いと思うが。レストランは結構混んで、3、4人連れが

食事をしながらおしゃべりをしていた。

 

 

 

 

 

 

また梅雨明け

8月も終わりだというに、また梅雨明けのような猛暑日が

続くという。旧盆のころは肌寒く、暖房を使ったという話も。

いつもは盛大に鳴く法師ゼミの声もさっぱり。気候変動も新型ウイルスも

人新世の仕業か。

接種

ようやく2回目の接種を終えたババ。やれやれ一安心とはいかないよう。

デルタ株なるものの感染爆発という恐ろし気な見出しが新聞、テレビに。

豚息のひとりは職域接種で今日モデルナのワクチンを打ったとの知らせ。

お盆にこっそり帰省して体調を心配したが、仕事はリモート、買い物も

三日に一回、外食無しというババより健康的な生活ぶり。

歯型

歯の治療でいちばん嫌なのは詰め物などをするために歯型を取られること。

口いっぱいに金属製の器具を入れられゴムが固まるまで我慢しなきゃいけない。

吐き気と窒息しそうな恐怖を味わう。ところが昨日の治療では、カメラを口中に

入れスリーデー画像で被せものを作るという。歯科技工士のめんどうな作業も

要らなくなるらしい。何より歯型の苦痛から解放されただけありがたい。

ひといき

さんざん悪口を書いていたら、本文が入力されていないという

エラー表示。どういうことと少し怖くなる。

» 続きを読む

ワクチン

1回目の接種をやっと済ませたババ。左腕がやや痛むていどだが、

2回目は大変とおどかされ、解熱剤を買ったけれど、売り切れ品も

あった。ただ町の大(?)でしたので次回の予約を1週間後といわれ、

面倒くさいと嘆くババ。

高島野十郎

台風の接近もあってかここ数日来の猛暑も収まった感の今日、

市民ギャラリーに高島野十郎展を見に行ったババ。前回は十数年前に

三鷹市まで遠出をしたけれど。今年は生誕130年とかで、評価はますます

高まったという。ゆっくり鑑賞したあと、近くのカフェで昼食。一日4回

目薬をさすので、昼前のまだ空いているころに早目のお昼。しばらく買い物

に行けず、引きこもりだったので郵便局、薬局、書店と廻る。買い物袋も増えて

帰りはタクシーを利用する羽目に。今週は29日以外、また引きこもり状態に

なりそうだ。

 

入院

一泊二日の入院をしたババ。病院は地域包括ケアセンターという

ことで、いわば老人ホーム的なところ。トイレシャワー付き個室で

一泊一万二千円に食事代。これから暑さに向かってこういう環境で

すごすのも悪くないかとおかしな考えを起こすババ。しかし一か月

だと40万円近い計算。ババの乏しい年金ではとうてい足りない。

暑いアパートで汗をかきかき乗り越えるしかない。

シャンプー

明日の入院手術の前に、美容院でカット、シャンプーをして

もらったババ。手術後2週間はシャンプーできないということ

で、この暑い時季、それだけが悩みの種だが、ときどき美容院で

洗ってもらうしかない。何種類もの目薬をさすのよ、それが大変と

手術経験者は教えてくれるが、すべて成り行きまかせのババ。どうに

かなるだろう。

予約

昨日は5時すぎまで粘ったが、惜しくもタイムアウト。ならば今朝から仕切り直し

のコールセンターは空振り続き。ようやく2時すぎにつながり予約がとれた。これで

安請け合いのババもほっと一息、明後日の手術の用意に取り掛かる。入院時費用10万円

をバッグに、それから説明書、誓約書などの書類。万事そつなく用意はなかなか出来ないババ。

ああしまったにはならないようにと願うばかりだ。

コールセンター

ワクチンの予約ができないという知人にパソコンでしてあげるわよと

気軽に請け負ったババ、ところが今回は電話優先でネットは2日後という。

それでは予約が埋まってしまうと、8時半から電話し始めたが午後4時

過ぎても繋がらない。過去2回、知人が挑戦してだめだったの話が理解

できた。いったいコールセンターには何人配置されているだろう。新聞

歌壇に嘆きが詠まれているのも、無理ない話だ。今日はもうあきらめて

明朝再挑戦だ、うまく行くかどうか五里霧中のババ。

 

電気圧力釜

電気圧力釜を使いだして数か月。思った以上に使い勝手が良い。

ババの知人にも使い始めた人がいて、便利だという。ご飯には

うるさかったジジも満足したかも。いやいやジジの最高のご飯は

母親の在所の竃炊きが口癖だった。ある時、ジジの姉さんたちに

聞いたところ「そうかなあ、戦時中で食べ物が不足していたから

どんなご飯でも美味しく感じたんじゃない」との返事。ジジはむき

になって否定していたが。

医者通い

眼医者に続いて歯医者通いのババ。差し歯の治療が終わったと思ったら

被せた歯の治療とか。また数回行かなくては。これから二カ月、眼の手術

や、ワクチン接種、さらに歯医者と日にちのやりくりがたいへんだ。

伸ばし伸ばしのジジの法事はいつできることか。

ウイリアム・シャトナー

CSの番組を検索していたら、ウイリアム・シャトナの司会する

「世界の怪奇現象」というものがあった。彼はたしか映画「カラマーゾフの兄弟」

でアリョーシャを演じていたのでは、若き日の面影はさすが無かったが。

今回はマヤを始めとし、突然消えた文明が世界中にいくつもあるという。その消えた

理由が分からないものも多いそうだ。ふんふんとババは呑気に見ていたが最後に

10年前の東日本大震災と原発事故が映ってびっくり。自然の脅威はもちろんだが、

原発のメルトダウンは人間が起こしたものだ。文明が突然消えるというのは、昔の

話ではなく、現在もそして未来にも起こりうる。

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

個人情報

ババが編集に参加している同好会誌で、個人情報の流出があったとかで、

配布中止に。個人名を書くときは、その人の了解をとるようにと、会長

からの注意が。会員だからという甘い考えはだめかと反省。難しい時代に

なったものだ。

 

外干し

ここ一週間ほど洗濯機の部屋干しが続いたババ。今日は午後から

晴れたので久しぶりの外干し。からっと乾いて気持ちが良い。

知人のなかには、乾燥機を使うので外干しをしないという人もいる。

たしかにババのようなアパート住まいなら、狭いベランダいっぱい

干せるが、立派なお宅はどうだろうか。洋風の素敵な家に建て替えた

人が、玄関傍の軒先に洗濯物を干すのは、頂けないと思うババ。

高齢になると二階のベランダに干しに行くのは一苦労。つい手近な

居間の軒先に干してしまうのは仕方ないけど。

 

はしご

三日続けて同じ病院の各科を受診したババ。さすがに疲れた。

白内障手術の事前説明、家族同伴ということで、東京から乙子に

来てもらった。次の日は整形外科で腰のレントゲン。背骨の一番下の

骨の隙間がつぶれているという。老化だからと、治療法は湿布、塗り薬

ひどい時は鎮痛剤との診断。脊柱管狭窄症とか言われなくて良かったと

ババ。つぎの日は内科での定期健診。いろいろな薬をもらった。これから眼の

手術やらワクチン接種での病院通いは続くそうだ。

予約

今朝の新聞の投稿欄に、ワクチン予約の電話を三十回以上掛けても

繋がらず、近所の神社にお参りしたら、やっと繋がったというのが

あった。気の短いババならそんなの止めたと居直るかも。ネットの

出来る人からの予約で、接種枠が埋まってしまったという話はババの

町でもあった。ババくらいの齢でスマホを持っている人は結構いるが

ネットへの接続が分からないという人も多い。「スマホを持っている

意味がないと」ババは憎まれ口をきくが。かかりつけ医での予約ができる

とかの方法を早くとって欲しいと思うが。7月中に高齢者の接種を完了させる

そうだが、ババの1回目は7月末だけれども。

 

 

 

«マイナンバーカード