2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

おたくわん

北杜夫の短編『静謐』の中に(おたくわん)という言葉が出てくる。

老婦人が孫娘相手にヨーロッパ周遊のとき(おたくわん)が恋しく

なったと、孫娘に語る。おこうことかおしんこ、またおみおつけなど

丁寧語はたくさんあるけれど。(おたくわん)はさておきこの『静謐』

はかなり怖い話である。『ローズマリーの赤ちゃん』をおもわせるもの

であった。息子夫婦は暢気に、桃太郎などの昔話をしているのだろうと

笑い合っていたが。

 

 

 

 

 

 

情報

知人の家が家事になったとの知らせがあった。教えてくれたのはその近くに

住む別の知人。彼女はすぐ駆け付けたが、火事にあった知人は救急車で運ばれ

たということとだけ分かったという。その消防署のホームページを見て、詳細

を知ろうとしたが、個人情報は教えられないと言われたという。皆ひとり暮らしで

火事うんぬんは他人事では無いが、プライバシーの壁は厚いを実感。とにかく入院

した知人の無事を案ずるのみのババであった。

クリスタル殺人事件

すごい映画をNHKBSで観た。エリザベス・テイラー、ロック・ハドソン、キム・ノバック

にトニー・カーティスの四大スター競演。といっても皆さん少々盛りを過ぎた年頃だが。

対するはジェシカおばさんことアンジェラ・ランズベリー演じるミス・マープルの『クリスタル

殺人事件』。動機も犯人も原作通りだが、味付けが違うのが面白かった。マープル物はテレビで

再三放映されているが、この映画のマープルはなんと料理をしていた。彼女は庭仕事4はするが

料理場面は初めて。器用な手つきで野菜を刻んでいた。また甥で捜査にあたるダーモット・クラドック

警部(?)が撮影所に行くというと「レスリーハワードに間違われないで」との冗談を言う。

しかし『風と共に去りぬ』の貴公子アシュレイに似ても似つかぬくたびれたオッサンぶり。テイラーの

最期の様子は当たり役クレオパトラそのまま。手首の辺に黒いものが見えてが、まさか蛇?

シフォンケーキ

ババのアパートから坂を下りたところに、シフォンケーキを扱う店が

できた。洒落た外観で、店内で軽食もとれるという。立ち寄ってみよう

と思いながら、高そうな気がして敬遠していた。緊急事態宣言でどこへも

行かれず、その店でケーキを食べてもいいかなと、初めて入った。ケーキは

売っていたが、飲食は保健所などの通達で禁止とのこと。結局、家コーヒー

になってしまった。

図書館

図書館が閉館にならず、閲覧も借りることもでき、ほっとしたババ。

前回は二カ月近く全面閉館で、それが解除されてもしばらくは、貸出

のみで座って本を読むことが出来なかった。隣接の講堂では、マスクを

付けながらの体操教室が行われていたのにはびっくり。ずいぶん甘いなあは

ババの正直な感想。ニュースによると、中国で新規感染者百数十名が出たので

交通は皆ストップ。住民にPCR検査を行ったという。全体主義国家だからできる

のだろうが、感染を抑えるにはそういう手段も必要かと思うババであった。

短歌教室

やはり短歌教室も休講。ババが入会したのは昨年3月だが、緊急

事態宣言ですぐ休会。復活したのは6月、しかし講師も会員も

皆マスク姿。以来半年マスク姿は続き、ババは一度も顔を見ていない。

また休講では、皆さんのお顔を拝見できるのは,いつになることやら。

中止

予想通り、公民館の講座、集会中止の知らせが続々。宣言が再発令された

以上仕方ないことと納得のババ。どんどん寒くなる時節に春の到来を待つ

しかない。散歩道の梅や辛夷も花芽を膨らませている。蝋梅は今を盛りと

良い香りを放っている。日本海側は猛吹雪というが、ババの地方は申しわけ

ないくらいの好天気だ。

発令

やはり発令されたかとババ。またしばらく、公民館、ふれあいセンターの

集まりが出来なくなるだろう。ジジの墓参もお預け。ババとって皆な不要不急

かもしれない。電車に乗って、隣町への買い物も自粛か。ババの町では、本一冊も

買えないのだが。寒いし家籠りが一番との覚悟だ。

七草

正月もあっというまに七草のババ。やっと不稔ゴミが出せるが、

プラスチックの多さはどうしたものだろう。スーパーの買い物

ひとつでもプラゴミが。ペットボトルなど資源にまわせるものは

わずか。このまま進んだら?コロナより大変なことになるかもとババ。

どじ

新年早々大どじのババ。外出から帰るとバッグに入れたはずの

ケータイが見つからない。さては出掛け先の店で落としたかと、

電話しようとしたら、番号はケータイ登録で分からない。一緒に

行った友人に聞いて電話。店には無いとの返事に、とにかく通話は

止めてと、ケータイショップへ連絡。警察に届けを出してと言われ

実行。保障期間なので、失くしても新規を届けるというが、データは

消えてしまう。ああどうしょうと思いながら、寝室に入るとなんとベッド

脇のテーブルがあるではないか。持って出たというのはババの思い込み。

急いで警察、ショップ、友人と行った店に謝りの電話を。まったくの大

どじでお恥ずかしい限りだ。ただケータイデータは別の手段で保存しなければ

と痛感。ペーパーレス社会になると言うが、紙への保存は大事だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

駆け込み

また宣言が発令されたら、行けなくなるかもとババ。同じ考えの同年代も

多く、かなり混んでいた。ここが我慢のしどころと思うけれど、欲望には

勝てない。明日の会合も中止のはずだったが、お膳立てしてくれた幹事に

申し訳なく、小人数、短時間にして開くことになった。そういう行為が

いけないと分かっていても。

 

帰省

ババの洗濯物を見て「帰省させたな」と眉をひそめる人もいるかも

しれない。お盆の頃の朝日歌壇に(もてなして匿うように子とすごす。。。)

という意味の歌が載っていた。お互い牽制し合っているような社会。

ババだってマスク無しで電車の乗客から離れことも。サッカーやラグビーの

中継を観ても、密集が浮かんで来てしまう。

 

緊急事態宣言

明日にも宣言が出そうな状況。1月の予定はすべて白紙か?

どのていど店が閉まるのか、先行き不安だが、嘆いてばかりいららない。

前向きに春の両行計画でも立てようかと、いい気なババ。

たんこぶ

歳納めのしくじり。ソファの角に躓き本箱におでこをぶつけたババ。

鏡を見ると右の生え際にどす黒い痣が。四谷怪談のにお岩さん状態に。

買い物を済ませていて良かった。三が日は外出禁止だし、5日に予定

されていた集まりも講師の先生の申し出で中止に、さらに3月までも

休講とのこと。新年になってもまだまだ続きそうな感染症だ。

発見

発見と言ってもババにしてはお粗末かぎりであるが。お気に入りの

カーデイガンがここ二年ほど、どこね仕舞い忘れたか見つからない。

ところが、大掃除ついでにエアコンの室外機と壁の間に挟まったいるではないか。

物干しに釣るしてあったのが、吹き飛ばされたのか。洗濯したことをすっかり

忘れたババのうかつさに愕然。そのカーデイガンを買ったのはもう20年いじょう

も前。たしか上野の松坂屋だったと思うが、ババの衣類なかでは高価なほう。余所行き

として着ていたものだ。風雨にさらされ見る影もない姿になってしまった。

外出

年内は電車に乗るつもりは無かったが、プリンタのインクが切れたり、

NHKのテキストを買わなくては、などの理由をつけ外出したババ。

町のメール情報で不要不急の外出は控えろの警告があるのに。でもこの

町では本や電気器具の店は車を使わなくては行けない場所にある。それで

しかたなく電車に乗って隣町に行く羽目になる。隣り県に住んでいる知人は

近くの大型書店が閉まり、電車に乗ってババの県まで来るという。県境を

越えて来ては駄目なんて、恐ろしいことを言う人たちもいるけれど。

籠り居

25日から4日間、買い物以外の外出無のババ。家の掃除に

専念するでなく、テレビの録画を観たり、パソコンをいじったりと

例年よりのんびりの歳末。生協からお節セットも届いて、小さい

冷蔵庫は満杯。買い過ぎたかな、でも年明けは近くのスーパーは

三が日は休みとか。初詣も自粛ムードでは行く気もしもしない。

ジジの居た頃は隅田川の七福神巡りなどしたが、それらも昔の話。

小まめ

今日は風もなく暖かったので、窓ガラスやサッシの掃除。毎年思って

結局ぼやくのが、もっと小まめに掃除していれば、年末あたふたしなくて済むのに。

ジジのいる頃からの習慣で仕方ないが、大晦日、紅白を観ながら、キッチン床の

汚れを落とすのに苦労していた。前の家の床はでこぼこのシートが貼ってあったので

その凹凸に汚れが染み込んでいた。せっかく綺麗にした床も一月経たないうちに汚れ

それを小まめに掃除していればと、いつも後悔していたが。

有難迷惑

贈ってくれる人の行為はありがたいが、ババには迷惑なものが。

今年は歌集、詩集をそれぞれ二冊いただいた。カルチャーセンター

のお付き合いはその場かぎりと思うが、ババとおなじように貰った

人はお礼金やお菓子などのお返しをしたとか。または感想文を書いた

とかの話。ババにとっては苦手なことばかり。そんな愚痴をつぶやいて

いたら、愚息からふるさと納税の米、10キロも送ってきた。一人暮らし

では消費しきれない。

 

片付け

二日続きの外出、会食でさすがのババもぐったり。今日は一日家籠りで

年末の片付け。請求書やら各種お知らせなど、けっこう溜まっている。

ただ電話、NHKはとっくに紙の請求書は来ない。東電は来年から廃止とか。

ガス、水道料金はメーターの検針があるが、東電は遠隔操作で検針できる

という。そうすると検針員の仕事も無くなってしまうことに。ババは新聞代

は口座落としにしたので、集金の人は来ない。便利なようで社会との繋がり

が一段と薄れて行く。

«西高東低