2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

題詠blog2015


題詠ブログ2014

題詠ブログ2013

題詠マラソン2012


題詠2011

題詠BLOG2010

題詠2009

やや満足

町の健診をうけた馬場。検査の前にいろいろな項目に〇をつける。その中に

今の暮らしは?という質問の(やや満足)に〇をつけたババ。ジジはなんて

ことと、しかめっ面だろうが。これから先のしんどさを思えば、今の状況は

ババにとってやや満足というほかない。

「ながらへばまたこの頃やしのばれむ憂し見し世ぞ今は恋しき」などと百人一首

を思いうかべる。

 

外干し

今日は久しぶりに洗濯物を外干し。外干しをしばらくしていないと

「具合が悪くなったのでは」とババを気遣ってくれる近所の人がいるのは

ありがたい。ババの知人の中には乾燥機で洗い物を乾かし、外干しをしないと

いう人もいるが。お日さまで乾かしたほうがいいと、ババは思うけれど。

ピンチ

30年以上続いた小さな読書会がピンチに。理由はもとろん感染症さわぎ。2月の

会を最後に公共施設の利用が出来なくなり、9月から再開かと思ったらそれもだめに

なりそう。そのうえ辞める会員もあって、もうお仕舞かの覚悟。

行方不明

「行方不明者を探しています」という放送が聞こえてきた。えっ70!

ババよりずいぶん和解じゃないかと驚く。ババにしても散歩のつもりで

歩いていても、他人には徘徊に見えてしまう恐れがあるが。言葉の綾で

徘徊や放浪は悪いイメージだが、彷徨、散策、逍遥、さらにババのサークルで

年に3、4回行っている、史跡探訪などは良いイメージ。そういえば黄門様は

諸国漫遊とスケールが大きい。

 

サクランボ

近くのドラッグストアに一パック2000円のサクランボが。あまりの安さに

つい買ってしまうババ。一人暮らしだとサクランボやビワは少量サイズがなくおまけに

高いにで敬遠。この時期しかの果物だけど我慢してた。もうすぐ命日のジジにもお供え。

白イメ 白い目

近くの公園で毎朝ラジオ体操している男性。先日なにげなく東京へ出かけたという

話をしたら体操仲間から、感染してるんかと白い目で見られたという。それ以来、長年

やっていた体操をする気がなくなり、家に引きこもっているとのこと。ババにとっても

他人事ではない話。自粛解除されてから出歩きが多くなった。まわりから危険視されて

いるかも。それで万一陽性判断されたら、今のアパートに暮らせなくなるかのおそれ。

けっこうギスギスした人間関係になっているのか。

給付金

特別給付金10万円をありがたくいただいたババ。さっそくケイタイの補填に。

自粛中、ついついババ仲間と長話、その結果、料金がいつもの5倍に。

今月からぼつぼつサークル活動も始まったし、もうそうは掛けないと思うが。

なんか感染拡大とか、まだまだ心配はつきない。

六月

六月も今日でお仕舞。水無月のおお祓いと言っても、これは旧暦。

「禊ぞ夏のしるしなりける」という和歌のとおり、7月からは秋。

「お盆も七夕も秋の季語ですよ」と以前ババの通っていた講座の

先生が言われたのを思い出す。公民館かんけいの講座が明日から

ぼちぼち始まりそう。もちろんマスク着用、消毒、検温とうるさいが。

勘違い

年々度忘れ、勘違いが増えてきたババ。日付、曜日をうっかり

間違えてトラブルに。昨今の自粛さわぎで、いっそう悪化しそうで怖い。

運動不足もありどうなることやら。

ヤマボウシ

近くの児童公園に山法師の花が満開。一週間前はちらほらだったが、

今日は幹がかしぐほどに真っ白な花が。梅雨の季節、あちこちで白い花

が目につく。梔子、アナベラという名の紫陽花。鉄砲百合に夏椿。何か

気持が落ち着く。

 

図形

パソコン教室を再開したババ。ワード入門の仕上げは図形。ハートマークを

挿入して五弁の花を作るという課題。無器用なババは大小、向きの調整に手こずる。

悪戦苦闘で休憩なしの50分。このあとのコースはどうなることやら。

デパ地下

デパ地下の郵便局に用事のババ。お中元シーズンとやらで

混んでいた。お中元やお歳暮はもうババには無縁。でも自分用も

あるそうで驚く。誰からにしろプレゼントは一応嬉しいけれど。

 

会食

なんとババ仲間、7人も集まっての会食。「大丈夫かなあ」と心配して

いた人たちもマスクを外してのおしゃべり。店のドアも窓も開けっぱなしで

換気は問題ないと思うが。皆さん耐えに耐えてきたものが緩んだよう。

油断大敵だが、日頃のストレス解消にはこれが一番。これからも度々は出来ないが

月一ぐらいは許されるだろう。

図書館

ひさしぶりに図書館を利用できたババ。と言っても本を借りることだけで

新聞や雑誌の閲覧はだめ。読書会をしていた集会室の利用も9月までお預け。

本を借りられただけでも良かった。第二波、三波などと威す報道もあって、

今後は分からないが。

ハッピーエンド

白鳥の湖のバレエのラストは王子が悪魔をやっつけて、オデット姫と

結ばれてのハッピーエンドとばかり思っていたババ。ところがだいび違うよう。

原作も二人とも死んでのラストという。ロミオとジュリエットのように悲劇でも

美しく終わればいいのだが。一見、ハッピーエンドにだが、背後には悪魔を思わせる

不気味な雲がもくもくとか。死んだ王子はそのままうち捨てられて、悪魔の哄笑。

はては、悪魔からマントを着せられ、黒衣の花嫁(オディール?)と並んでいるとか。

なんだか救いのないものばかり。せっかくチャイコフスキーの旋律で癒されたいのに。

 

 

マスク

あべのマスクとやらがやっと届いたババ。ところがネットで注文したが

なかなか届かず、やむなくキャンセル、返金してもらったマスクまで

届いた。すでに3か月近く経ってなぜ今頃とババははてな、はてな?

送りかえすにも外国郵便、返金解消の手続きをするしかないか。今に

なってみれば高い買い物とためいき。

花壇

駅前のロータリーに小さな花壇がある。今の時期だとベゴニア、サルビア

金魚草などなどが植えてある。駅前、スーパーや電車に乗るおりに

眼にしても、ああ綺麗だなとは思っても、世話をする人たちのことを、考えも

しなかった。ところが今朝、花壇の手入れについての話を聞きびっくり。

有志の方たちが、花を植え、水撒きをする。駅前には水道など無いので、自宅

から軽トラに水の入ったタンクを乗せ、運んでいるという。その自宅も駅から

だいぶ離れたところにある。うーんすごいなあとババはただ感心するばかり。

 

登校

ひさしぶりに小学生の登校姿。でも学校にいる間、マスク付けっぱなしでは

苦しくないか。唾液やら鼻水も混じっていて、不潔ではないか。ババは変な

ことを思ってしまう。取り替えようのマスクを何枚も用意するには、大変だろうが。

再開

カルチャーセンターの講座再開の通知が届いたババ。やれやれの

喜び。ただ再開を希望する受講生が、一定レベルに回復しないと、

講座は終わりとのこと。大丈夫かなあと少し不安。なにしろ知人の

なかには、もう出歩くなと家人から言われた人もいる。ジジがいたら

ババもそう言われるかも。

休会

非常事態が解除されて、サークル活動が再開できるかと、期待

していたが、とんだぬか喜び。施設の老朽化で換気がじゅうぶん

できないとかいう理由で、とうぶん休会をよぎなくされそう。

そうこうしているうちに、ババもやる気を無くして、退会を

考え始めてしまう。

 

 

«県外